ノウハウコレクターになる人の3つの特徴と2か月ビジネスから離れたけどサクッと復帰できた理由

こんにちは、もりおです!(詳しいプロフィールはこちら

 

僕はこの記事を書いてる3か月まえくらい、
実は2か月間ほど
ビジネスから離れていた時期がありました。

 

とにかく本業の忙しさを言い訳にして、
なにもしていなかったんですよね...。

 

 

当時、
アフィリエイト商品が売れ始めて
自主教材を作ろうというフェーズだったんですが、

 

自分の作った教材が売れるのかが不安で
問題の先送りをしていたんだと思います。

 

 

「『自主教材リリースします!』
って言って、1件も売れなかったらめっちゃ格好悪いじゃん...。」

 

という、
格好つけマインドがビジネスから遠ざかってた理由です。

 

うわ~~、そんなプライド犬にでも食わせとけばいいのに!!

 

「むしろ何もしないほうが格好悪いだろ~~っ!」

 

って、今になってみると思えるんですけどねw

 

 

あやうく、
教材を買ってもやらずに去っていく
そんなノウハウコレクター化するところでした

 

 

きっと、この記事を読んでる方も

本業が忙しくてしんどい...

・周りからの理解が得られなくて気持ちが萎える...

・なかなか稼げないのに、同時期に始めた人が月40万円とか稼いででショック...

売れないのが怖くてセールスができない...

など、様々な理由でビジネスに対する熱意が落ちてしまってるかもしれません。

 

 

そんな人に聞きたいのは、
なぜビジネスを始めたんでしたっけ?
ということです。

 

僕の場合は、
フラッと平日海外旅行行けるような自由な生活を手に入れたいからでした。

 

あと、会社員には戻りたくない。

 

ネチネチ上司やマウンティング先輩、満員電車、感謝されない仕事、、、。

 

もし、ビジネスをスパッと辞めて
ノウハウコレクターになってしまったら、
ずっと今の環境で耐えて耐えて40年とかが過ぎてしまいます。

 

 

とまぁ、散々煽っておいてなんですが大丈夫です。

 

僕も萎えに萎えたところから復活して
自主教材を無事リリースできましたし、

仲の良いビジネス仲間も
「もうビジネス続けられないかも...」
というところから復活してますので。

 

具体的にどうやってビジネスを続けられたのか、
逆に、ノウハウコレクターになる人はどんな人なのかお話しますね。

特徴1.モチベに頼ってしまう

大前提として、ノウハウコレクターに陥らずビジネスを続ける一番の理想はモチベーションに頼らないということです。

 

たとえば、学校や会社ってモチベーションが無くても行きますよね?

それと同じで、仕事という意識をもって1日1日淡々とやるべきことをやっていく

 

これが一番です。

 

モチベーションだけに頼る人は、ノウハウコレクターになっちゃいがちです。

特徴2.自己嫌悪に陥る

そうは言っても、僕は普通にモチベに影響されちゃいました。笑

 

本業の忙しさと疲労もあって、ビジネスのためにPCの前に座るのが拒否反応が出てました...。笑

 

 

そんな時は、いっそビジネスから離れるのも手です。

僕の場合は、落ち込みまくった時は漫画を読んで気持ちをフラットに戻しました。

 

あと、住んでる場所から車で10分ちょっとで海にいけるので海に行きました

安っぽい熱血ドラマみたいですが、自然と触れると気分がリフレッシュされてめっちゃおすすめです。

 

やっちゃいけないのが、ビジネスできない自分に過度に罪悪感を抱えちゃうこと。

 

完璧主義に陥って、PCの前に座れない自分を否定してしまうと、「もういいや」とノウハウコレクターになりがちです。

 

出来てない自分に気を取られて負の感情に支配されると
「自分なんかダメだ」
と、自己肯定感が下がりビジネスを再開するハードルが上がっていく悪循環になるので、自己嫌悪しすぎないようにしましょう。

特徴3.1人でやってる

僕がビジネスに復活できたのは仲間がいたからもかなり大きいです。

 

・先をいく先輩

・同時期に始めた人

・自分より後で始めた人

 

それぞれいるとベストですね。
Twitterやビジネスコミュニティなんかで、やり取りする人を作っておくと、なにかあったときに刺激をもらえます。

 

学校の受験勉強も、たった一人PCの前でやっていたら続かなかったと思います。
でも、リアルで会うクラスメイトや先生がいるから乗り切れました。

 

同じように、ビジネスも周りでやってる人がいるとアドバイスをもらえたり、刺激をもらえます。

 

実際、僕は同時期にビジネスを始めた人と僕より後にビジネスを始めた人が、すでに自主教材をリリースしたりとりかかってるという話を聞いて、「これは負けてられないぞ」と刺激をもらえました。

 

 

あと、僕は新潟から東京まで先輩起業家の主催する懇親会やお茶会に参加して会いに行ってました。

 

もうすでに月100万円とか稼いで、気ままに生活してる人を見ると「自分もやるぞ!」と思えましたね。

 

ネットを使ったビジネスは、一人で出来るのがメリットでもあります。
しかし、どうしても一人で続かないという場合は積極的に他人に頼っていきましょう。

 

僕も、人と会ってある程度マインドが戻ったところで
「自分も今月中に自主教材をリリースしよう!」
と計画をたて、ビジネスを再開することができました。

紙とペンをとれ

さて、これまで僕の経験談をお話してきましたが、一番大事なのはメモをとることです。

 

「えっ、どういうこと?」
となったと思います。

 

安心してください。
詳しくお話していきます。

 

まず、僕の場合は落ち込んだときに漫画を読んだり海にいって気持ちが楽になったこと、ビジネス仲間に刺激をうけてまたビジネスを再開できたとお話しました。

 

しかし、この復活方法がそっくりそのまま記事を読んでるあなたに当てはまるとは限りません

 

人によっては、海に行ったところで何も変わらない人もいると思います。

同時期に始めた人がバリバリビジネスをしてるのを見て、刺激をもらうのではなく「あぁ、自分はやっぱりダメなんだ」となっちゃう人もいるでしょう。

それでは本末転倒です。笑

 

 

なので、ちゃんと自分の機嫌を自分でとれるように、
「どんな時に気分があがるのか、前向きにビジネスに取り組もうとおもえるか」
「どんな時に気分がさがるのか、ビジネスを辞めたくなるのか」

 

色々ためしてみて、気持ちが動いた時に逐一メモをとってみてください!

 

 

たとえば、会社の飲み会で気分が落ち込むならいっそ断る、
掃除をしてると気持ちがスッキリするなら、掃除の時間をとるなど、
自分を理解してうまく気持ちを整えましょう。

 

 

ビジネスは1か月といった短期間ではなく、1年、2年と続いていくので、
自分自身のモチベーションを管理する必要があります。

 

それが僕の場合は、漫画を読んだり、海にいくとかだったんですよね。

 

 

せっかくビジネスを始めたのに
途中でやめちゃうのはとってももったいないです。

 

始めただけで立派ですし、続けていればどんどん競合は減っていくので続けるだけで目立っていきます。笑

 

 

もし、仲間がいるのが羨ましいけど、自分には仲間なんていないという方はTwitterでリプを飛ばしてみるくらいから始めるといいですね!

僕も勉強会や作業会を不定期で開いてますので、気になる方はメルマガ登録してみてください。


---------------------------------------------

無料で「動画セミナー」プレゼント中!

僕は、
新卒で自動車部品メーカーに入り研究職に配属されました。

 

最初は、給与も安定しているし
福利厚生も良いしいい会社と思っていましたが、


・組織に馴染めない
・愚痴や悪口だらけの飲み会が大嫌い
・大変な思いをするなら個人でしたい
・仕事に全く興味が持てない
・休みはGWや正月など混雑期しかとれず旅行が楽しめない

 

これがあと40年も続くのかと思うと

「絶対にムリ!」

この一言でした。

 

それから、
個人で生きる道を探り
お金も時間も自由になるために
インターネット上に自動収益の「仕組み」を作りました。

 

 

メルマガでは、

・個人がやるべきネットビジネスとは
・インターネットによる「仕組み」とは
・僕が仕組みを作るまでの実体験
・寝てても月収100万越えの起業家から学んだこと

など、ブログでは書ききれない話をたくさんお届けしています。

 

 

登録の無料プレゼントとして、
僕が100万円以上かけて学んだ
ネットで稼ぐための「動画セミナー」がもらえます。

 

→無料メルマガ登録で動画を受け取る

おすすめの記事