転職無駄

こんにちは、もりおです!

 

今日は、会社がつらいなら転職はするなという話をしようと思います。

 

 

先日、こんな記事を書きました。

【残業や人付き合いで苦しい人へ】平日にふらっと田舎のイオンに行くのが好きだ

 

この記事を読んでもらえば分かる通り、
僕はいま、平日だろうがなんだろうか
気が向いた時に行きたいところへ行って

 

PC1台でひとり気ままに
収益をあげています。

(コロナのご時世なので、あまり旅行はできませんが)

 

 

一方で会社員時代、

上司にネチネチと嫌味な説教をされたり
会議で質問されるとうまく返せなず自分の無能っぷりに情けなくなったり、

 

気の合わない同僚と晩御飯を
たべる毎日にうんざりしていました。

 

 

研究職だったんですが、

とある材質の性能を調べるために夜21時まで残業して
ひたすら金属と製品をこすり続ける仕事をしてる時は

 

あと40年、俺の仕事これか...

 

と絶望してましたね。

 

 

だから、

新しく資格をとったり、プログラミングスクールに通って転職したい!
絶対にこの会社から脱出してやる!」

って思ってました。

 

 

あなたも、転職さえすれば人生が全て変わって楽しくなる。

そう思っているのではないでしょうか?

 

これは、ほとんどの人が陥る落とし穴で、
めっちゃ危ない勘違いです。

 

その考えて転職してしまうと、
99.9999999%の確率で失敗してしまいます。

 

それどころか、
転職の労力だけ無駄にして、
ただ自分の市場価値を下げるだけに
なってしまう可能性もあります。

転職してもしょせんは労働

僕も、最初に入った新卒の会社からWeb系の会社に転職したことがあります。

 

「今の会社はダメだ、別の環境で心機一転頑張りたい!
と思ったわけです。

 

で、職業訓練校でWeb制作を学んで
転職できた時はすっっっっっごく晴れ晴れとした気分でした。

 

人間関係もリセットされて、ゲームを新しく始めるような感覚。

 

 

しかし、、、。

 

それはほんの一瞬でした。

 

 

入社した先でも、

 

上司「もりお君、来月から配属先変更ね」

僕「あ、はい!(え~~、急すぎる!今の部署結構よかったんだけどなぁ)」

 

社長「もりお君、このプロジェクトに入ってくれない?あと、この資料目を通しといて。来月の会議で使うから。」

僕「分かりました!(いやいやいや、今の仕事で手一杯なんだけど...)」

 

先輩「いや~、あの時のSさん、まるで豚みたいだったよな。
言い訳する前に数字あげるため働けっつーの。なんのための営業だよ。」

僕「ははは、そ、そうですね(ここでも愚痴とか悪口聞かされるのかよおおおお。)」

 

気づけばまた、
前の会社と同じように人間関係でストレスがたまるし、
やりたくもない仕事をふられて残業残業の毎日。

 

つい、
「はい、やります!」
なんていい子ぶっちゃう自分も情けなくて...。

 

 

そうそう、
僕は旅行が好きで、
ジブリ映画の舞台になったヨーロッパの街を

のんびり時間もお金も気にせず
回りたいという夢があります。

 

ただ、この夢をかなえるのは
転職先しようがなんだろうが、
会社員な時点でムリなわけです。

 

平日フラッと気が向いた時に
2週間旅行するなんて出来ないですからね。

 

できるのは、
40年後。

 

生きてるかも分からないし、
お爺ちゃんになった時に
体力も気力も落ちてから。

 

 

あと、当時
付き合ってた彼女とは
会社の休みの日が合わなくて
すれ違いが起こってました。

 

土日が休みの僕と、
平日が休みの彼女。

 

買い物に一緒にお出かけすることも
ままなりません。

 

 

いくら会社勤めでお金が入ってくるといっても、
時間は手に入らないし、
好きなことは思うようにできないし、
人間関係も選べない

 

異動があれば仕事の内容も選べないし、
転勤があれば住む場所も選べない

 

もちろん、
会社員のメリットもあるし
馬鹿にするわけじゃないです。

 

僕だって
Web制作会社で働いていた頃
デザインを任せられた時は楽しくて、
やりがいも感じてました。

 

ただ、僕が言いたいのは

「会社がつらくて転職しても、
時間がないとか人間関係の問題は
なんも解決しなくね?

ってこと。

脱・労働しないと一生誰かのいいなり

たとえば僕のように、
「好きな時にふらっとヨーロッパに2週間旅行したい!」
と思ったら、

 

お金

時間

 

この両方が必要です。

 

 

別に旅行が興味がないという人は、

大切な人とゆっくり過ごす時間とか、
親孝行する機会とか、
心底好きなことにとことんチャレンジする人生とか、

なんでも同じです。

 

 

会社員をしていれば、
お金とトレードオフで

・人間関係

・時間

・住む場所

・仕事の内容

 

これらを自分で決められなくなります。

 

「お金」と「時間」のどちらもある生活じゃないと
本当に自分が望んでいた「自由」は手に入らないと気づいたんです。

 

 

時間とお金の両方を手に入れるためには、
資産を作る必要があります。

 

資産と言っても、
株に投資をしろとかそういう話じゃありません。

 

初心者がいきなり手を出しても
100%失敗しますし、
利回り10%としても100万円預けて10万円ふえるだけです。

 

そうじゃなくて、
インターネットに資産を築いてく。

 

ブログやYouTubeで発信をすれば、
自分が寝てても、遊んでても、会社にいるときも、デートしてるときも、
極論、あなたが死んでもお金を稼いでくれる仕組みができます。

 

そうなれば、
思い立った時にフラッとヨーロッパに2週間なんてことが
現実になるわけです。

 

 

株に100万円投資しても
1年で10万円増えるかどうかと話をしました。

 

だけど、
知識に100万円投資して
ブログを書いて、YouTubeを作っていけば

1年であなたは月10万円以上
自動で稼ぐ仕組みが作れるようになってます。

 

その仕組みは
やればやるほど大きくなって、
月30万、100万、300万と
天井知らずで伸びていく可能性があります。

 

僕自身、
ダメダメ元ニートの凡人ですが
月6桁をPC1つで稼いでます。

 

ビジネスの勉強はもちろん必要ですが、
特別な才能はいらないし、
コツコツと続ければ
働きながらでもできちゃいます。

 

僕だけでなく、
知り合いで働きながら1年で月100万稼いで
脱サラする人も多いです。

 

しかも、元々みんな人脈も0、
知識も実績も自信も0な
元ワーママとか、
元高卒派遣社員とか。

 

ネットビジネスは、
ホリエモンこと堀江貴文さんの提唱する
失敗しないビジネス4原則すべてに当てはまってるので、

そもそも大赤字になりようがない
副業でも始めやすいですからね。

 

 

この記事を読んでる方は、
転職しようという行動力のある方だったり、
現状を変えようという向上心がある方だと思います。

 

それなのに、
せっかくの力を自由とは違う方向に使い、
結局同じような悩みに突っ込んでいくのは
超絶もったいないです。

 

 

もしあなたが、
むかしの僕と同じように

 

「好きな時に好きなだけヨーロッパ2週間お金も使って旅行にいきたい!」

とか、

「大切な人と時間をゆっくりとってリゾート地でまったり酒を飲みかわしたい」

とか思ってたら、

ネット上に資産をつくるというのを始めてみてください。

 

1年後に人生が変わっているはずです。

 

 

「んなこと言われても、何か始めればいいか分からない」
という人は、

僕の無料メルマガで
具体的にどうやってネット上に資産を作って
自動収益の仕組みをつくるのか詳しく解説しています。

 

脱・労働セミナーという
100万円以上かけて学んだ内容を
期間限定で無料公開してるので、ぜひ学んでみてください。

 

⇒もりお公式メルマガ(無料)を見る

 


---------------------------------------------

無料で「動画セミナー」プレゼント中!

僕は、
新卒で自動車部品メーカーに入り研究職に配属されました。

 

最初は、給与も安定しているし
福利厚生も良いしいい会社と思っていましたが、


・組織に馴染めない
・愚痴や悪口だらけの飲み会が大嫌い
・大変な思いをするなら個人でしたい
・仕事に全く興味が持てない
・休みはGWや正月など混雑期しかとれず旅行が楽しめない

 

これがあと40年も続くのかと思うと

「絶対にムリ!」

この一言でした。

 

それから、
個人で生きる道を探り
お金も時間も自由になるために
インターネット上に自動収益の「仕組み」を作りました。

 

 

メルマガでは、

・元ニートの僕が最高月収44万円を突破できた理由
・寝ながら漫画を読んでる間もお金が入ってくる?「仕組み」とは
・知識0から情報発信を始めた赤裸々な実体験
・寝てても月収200万越えの起業家から学んだこと

など、ブログでは書ききれない話をたくさんお届けしています。

 

 

登録の無料プレゼントとして、
僕が100万円以上かけて学び
最高月収44万円を突破できた裏付けのある
ネットで稼ぐための「動画セミナー」がもらえます。

 

→無料メルマガ登録で動画を受け取る

おすすめの記事