やりたい仕事が分からない?やりたいことなんて無くていい!

こんにちは、もりおです。

 

今日は、「やりたい仕事」なんてなくていい、という話をします。

 

就活する時に、何の仕事がしたいかわからくて困ったという経験はありませんか?

 

自分に合った仕事をやりたいけど、何が自分に合っているか分からない。

 

「本当に自分はこの仕事に向いているのか」
「ほかにやりたい仕事があるのではないか」
と、不安になる。

 

でも、別にやりたい仕事がないのは普通だし、
実は、やりたい仕事なんてなくてもいいんです。

 

この勘違いをしてると、
「自分にはやりたいことがあるはずだ」と無駄な転職をしたり
どんな仕事をしても「こんなはずじゃない...」と、
空腹が永遠に満たされないゾンビみたいになってしまう危険があります。笑

 

 

僕自身も、もともと
「やりたいことがない」
「趣味は漫画を読むくらい」
という冷めたタイプ。

 

就活してた時は
「弊社でやりたいことは?」と聞かれても

「(そんなもん無いわっ!!!寝て暮らしたいっつーの!!!)」

と思ってました。笑

 

けど、「やりたい仕事」を見つけるんじゃなくて、
あることを大事にしたところ、今では逆に

 

「あれもやりたい、これもやりたい!」
となったんですよね。

 

やりたいことって、こんなに簡単なことで湧いてくるの?
って拍子抜けするくらいです。

 

これ、僕だけじゃなくて
月200万くらい稼ぐ起業家の人も同じことを言ってるので、
かなり再現性あると思います。

 

というわけで、今日は
「やりたい仕事がなくて悩んでる」という人に向けて
「やりたい仕事なんてなくていい、それよりも〇〇に目を向けよう」という話をしていきますね。

ぜひ最後まで読んでみてください。

 

日本人は、やりたいことを言えない

僕もふくめて、日本人て

「やりたいことは?」

って聞かれても、なかなか浮かんでこない人が多いんです。

 

 

そこで視点を変えて、

「じゃあ逆に、やりたくないことってなに?」

と自分に聞いてみて欲しい。

 

そうすると、結構出てくるんじゃないでしょうか?

その「やりたくないこと」から逃げればOKです。

 

これって別に難しいことじゃなくてですね。

 

たとえば簡単なことでいうと、僕は掃除が大嫌いなんですよ。

ご飯を作ったり、洗濯物を干すよりも、圧倒的に掃除機をかけるのがストレス。

 

なかには掃除機がリフレッシュになるという人もいるみたいだけど。

 

とくに嫌いなのが「風呂、トイレの掃除」。まぁ好きな人はあんまいないですよね。

 

マジで萎えます。

じゃあ、どうやって掃除をやらなくて済むか考えてみる。

 

これも難しくなくって、

・ツールに頼る

・人にやってもらう

・いっそやらない

 

この3択になります。

 

ツールに頼るは、ロボット掃除機ルンバを買ったりですよね。

人にやってもらうは、家政婦さんとか。

いっそやらないは、掃除だとあまりおすすめしませんがモノによっては「そもそもやらなくていい」ってこともありますからね。

 

 

ちなみに僕は一時、シェアハウスに住んでたことがあります。

すると、キッチン周りとか風呂、トイレの掃除を一切やらなくてよかったんです!!

 

まーじで快適。

ホテル暮らしなんかも、掃除をやらなくて済む方法ですね。

 

 

僕と違って料理がストレスという人は

・弁当、お惣菜を買う

・Uberや外食をつかう

・人に作ってもらう

・1日の食事回数を減らす

なんて方法がありますよね。

 

 

さてさて、仕事の話を戻します。

 

 

あなたも、
やりたい仕事はないけど、
やりたくない仕事はあるんじゃないでしょうか?

 

僕は学生時代、アルバイトや学校生活を通して以下のことがストレスでした。

・ 知らない人と話すの好きじゃない
・ オラオラしてる体育会系は嫌だな
・ 集団行動は嫌い

 

ということで、営業職を選ぶんじゃなくてメーカーの技術職を志望しました。

 

まぁ、当時ここまで言語化して何も考えておらず、
入れるところになんとか入ったという感じですが。

 

 

ここからは、僕の転職体験を書いていくので、
萎えポイントを見てどう改善すればいいか
一緒に考えてみてください。

 

 

実際にメーカーの技術職(研究職)として働くようになった僕。
今度は次のことが嫌になってきました。

・ネチネチ嫌味をいう上司

・マウンティングをとってくる先輩

・誰にも感謝されないつまらない仕事

・仕事を逐一報告しないといけない(=自由がない)

・大人数が苦手

・長期的なプロジェクトが苦手

・飲み会の幹事をやらされる

 

 

当時の僕は、仕事がつまらないし、わりと好きだったデザインとかプログラミングをやってみようと思ってWeb制作会社に入ります。

そこで、人間関係もリセットされるからいいかなぁと思ってたんです。

 

実際に転職してどうだったのか。
僕の萎えポイントがこちらです。

 

・もうすでにおっさんでぎゅうぎゅうな満員電車に乗らないといけない

・参加する意味のない無駄な会議

・いつなるか分からない電話対応で仕事が中断される

・コピー用紙のとりかえ、お茶出しといった自分がやりたくない雑務

・悪口を言う先輩

・社長から朝2時にメールがきてるプレッシャー

・ある日、突然の異動(仕事を選べない!)

・そもそもサラリーマンって、好きな時に旅行に行けない!!!

 

結局またまた萎えポイントがでてきたんですよね。

 

そう、実は
技術職時代の萎えポイントは、
転職では解決できないことが多かったんです。

 

さらに、初めて気づいた
萎えポイントなんかもでてきました。

 

 

大事なのは、
こうやって萎えるポイントを書き出していくこと。

 

そして、
家事の時のように
どうやったら取り除けるか
考えてみます。

 

・満員電車→会社の近くに住む、タクシーに乗る、好きな場所でできる仕事をする

・参加する意味のない無駄な会議→上司にいってやめさせる、会議に参加しない、自分でやる仕事を選べるようになる

・電話対応→他の人にやってもらう、電話がかからない仕事をする

・雑務→他の人にやってもらう、やらなくていい仕事をする

・悪口を言う先輩→好きな人とだけ関われる仕事をする(会社員は無理)

 

途中までですが、こんな具合です。

 

これを、転職の前にちゃんとやっておけば

「転職したけど結局きついまんまじゃん!!」ってなることはなかったんですよねぇ。

 

まじでもったいないことをしました。

 

 

こうやって書き出してみると、自分が

お金がないのも嫌だし、やりたいくないことをやらされるのも嫌、仕事を見張られるのも嫌、大人数が嫌、時間がないのは嫌だ、人間関係で悩まされるのも嫌

という、会社員に向いてないタイプだと分かりました。笑

僕の場合、転職では解決しないと分かった

繰り返しになりますが、
僕はやりたくないことを排除していこうとすると、
人間関係でどうしても「会社員じゃ無理」という結論に。

 

なので、実際にWeb制作会社を退職したあとは
個人で稼げるという「ブログアフィリエイト」についてめちゃくちゃ調べて、怪しい塾に入ったりしました。

 

あとは、フリーランスで稼ぐスキルを身につけようとプログラミングスクールに入ったり。

 

ただ、それだと「時間の自由」とか「感謝されるやりがい」とか、そういったものは得られないと気づき
今のネットビジネスにいきつきました。

 

自分ひとりでできて、気の合う読者さんと仲良くなって、お金も定期的に入ってきて、やればやるほど時間もできてくる。

 

まさに、ドンピシャでした。

 

やりたくないことを排除できる仕事だと分かってれば
努力の過程も楽しくなるんですよね。

 

今は

・早くブログ書きたい

・早くメルマガ書きたい

・早く商品を作りたい

 

って感じ。

 

 

(もちろん、最初はネットビジネスの知識も何もないし、お金を払ってでも人に教わってコツコツ続けたからここまでこれました。)

まとめ

僕の「会社員無理」というケースを例に出しましたが、
なにが言いたいかっていうと

 

闇雲に
「僕の天職はなんなんだろう、やりたいことが見つからない」
と悩むんじゃなくて、

「やりたくないことに目をむけること」

ってことです。

 

 

もしあなたが就活生なら、バイトや学校生活で萎えるときランキングトップ10を作ってみてください。

 

もうすでに働いてる人は、仕事(通勤や日常もふくめ)で萎えるときランキングトップ10を。

 

 

 

頭の中でモヤモヤとしたままにするんじゃなくて、文字で書き出してみる。

 

 

そしたら、やりたくないことランキングを
上から1つ1つ、どうやったら消せるか考える。

 

会社にいながら消せるのか?

あるいは、転職すれば消せるのか?

もしかして、転職しても会社員じゃ無理???

 

 

ちゃんと考えて、目的をもって調べてみると
「このストレスは消せそうにない」
ってことはほぼ無いと気づいていきます。

 

それに人間、
ストレスが減っていく方向なら頑張れます。

 

僕は会社員時代、出世しても係長も課長も全然楽しそうじゃありませんでした。

より重くなる責任、上と下の両方に挟まれてる様子、残業しまくりだけど残業代は出ない、こんな感じでまったく魅力的じゃなかった。

 

でも、今のネットビジネスはやればやるほどラクになっていくので、前向きにやれてます。

さいごに

ここまで記事を読んでいただきありがとうございます!

 

僕もむかしはそうだったし、
「やりたいことがない」
と悩むのは、結構普通なことです。

 

ただ、悩むというのは人生を前向きにしたいと思ってる証拠。

 

せっかくのエネルギーを、
手当たりしだい習い事をやるとか、資格をとってみるとか、
そういう「自分探し」に使うのはもったいないです。

 

まして、ある日突然「やりたい仕事」とミラクルな出会いなんてないですしね。笑

 

この記事を読んだら
「ふーん、そうなんだ」
で終わらせず、

 

スマホのメモ帳でいいから10秒以内に開いて
萎えるランキングを書いてみてください。

 

5分もあればできるし、
どう生きればいいか分かるようになりますので。

 

もし、今生きててつまらないとか、楽しくないという人はこちらの記事もおすすめです

⇒【残業や人付き合いで苦しい人へ】平日にふらっと田舎のイオンに行くのが好きだ

 

 

 

僕と同じように、少人数が好き、時間が欲しい、好きなように働きたいという人は、
無料メルマガで詳しい話を語ってるので学んでみてください。

⇒もりお公式無料メルマガを見る

 


---------------------------------------------

無料で「動画セミナー」プレゼント中!

僕は、
新卒で自動車部品メーカーに入り研究職に配属されました。

 

最初は、給与も安定しているし
福利厚生も良いしいい会社と思っていましたが、


・組織に馴染めない
・愚痴や悪口だらけの飲み会が大嫌い
・大変な思いをするなら個人でしたい
・仕事に全く興味が持てない
・休みはGWや正月など混雑期しかとれず旅行が楽しめない

 

これがあと40年も続くのかと思うと

「絶対にムリ!」

この一言でした。

 

それから、
個人で生きる道を探り
お金も時間も自由になるために
インターネット上に自動収益の「仕組み」を作りました。

 

 

メルマガでは、

・個人がやるべきネットビジネスとは
・インターネットによる「仕組み」とは
・僕が仕組みを作るまでの実体験
・寝てても月収100万越えの起業家から学んだこと

など、ブログでは書ききれない話をたくさんお届けしています。

 

 

登録の無料プレゼントとして、
僕が100万円以上かけて学んだ
ネットで稼ぐための「動画セミナー」がもらえます。

 

→無料メルマガ登録で動画を受け取る

おすすめの記事